ヤマガタンver9 > ☆大沼デパートが無くなった七日町…(+。+)アチャー☆

Powered by samidare

▼☆大沼デパートが無くなった七日町…(+。+)アチャー☆

☆大沼デパートが無くなった七日町…(+。+)アチャー☆/
突然の大沼デパートの閉店から
約2週間が経とうとしています。

その後の経過は山形県民だけではなく
県外でも様々な余波が見受けられました。

NHKでも、取り上げられたとか…>_<


そして経営コンサルタントの方々も
ネットにそれぞれの考え方を投稿をしておりました。


1番華やかで、活気に満ちあふれている
七日町を知っている私は、あの頃を思い出し
今の現状になるまで
何がそうさせてしまったのか?
時の変化?
時代の変化?
消費者が求めているモノの変化?

思わず感じざるおえない気持ちです…>_<


数日前に
YouTubeで、昔の山形駅や、七日町の様子が
投稿されているのを見つけ
懐かしく見ました

(//∇//)

その当時,今では想像すら不可能な位の
たくさんの人通りが
あり、山形市内のお買い物は、七日町、駅前と、
はしごする人も
多かったと思います
^(´▽`)

今日は、七日町コース
次回は、駅前コースと言うように…


確か?
十字屋も七日町にあり
ジャスコ、大沼デパート、長崎屋、みどりや

山形松坂屋、みつます、そして

大型の電気屋などひしめき合っていて

あの頃から、30年間位は

大沼デパートとしての誇りと活気と

華々しい未来を誰もが感じていました…

ご贈答品と言えば

薔薇の花が描かれている大沼デパートの包み紙が

当たり前で

大沼デパートで、購入した贈り物は

百貨店で、取り扱っているものとして

それなりのステータス感が、つくものでした…(^∇^)

最近大沼は
日本で3番目に古いデパートでかなり
歴史のあることを
知りました…(//∇//)


確か?昔、大沼デパートの
お隣にはジャスコが、あり
、北AEONを初め
南AEON
郊外型のAEONが続々参入する前の

当時は…


山形でも、百貨店として

売り上げも質も1番店として輝いていました…

山形の情報誌に、詳細が掲載されていましたが

700年の創業で最盛期には200億円の売上高があったとか…


(*^_^*)


ここに入っている服飾雑貨、化粧品メーカー等の
テナントは
それなりの知識や、キチンとした
接客をこなせる人が、
各会社より派遣されます(´▽`)


その当時を振り返ると
休憩をしていても
呼び出され、とても忙しかった事が思い出され

私はビューティカウンセラーとして充実した、
日々を永年送っておりました。(*⌒▽⌒*)

特に

大沼デパートの
化粧品コーナーには、他では無かった
各社での
エステルームもあり

お手入れのサービスも、百貨店として充実しておりました。

お客さまの心もお肌もバランスが保たれるよう
販売のみならず
実際のエステサロンのような仕組みになっておりました…

全てが特別感…であった気がします


百貨店に来る人は、それなりの身なりを整え
ステータス感を感じていたと思いますし

お迎えする側でも、100%のおもてなしを心がけ
お客さまを大切に思い接客を
行っておりました。m(_ _)m

(^_-)
大沼デパートの従業員さんは、お正月ともなれば
着物を着てお迎えしておりましたが
もちろん、1階の花形コーナーである
化粧品メーカーも、各社
着物でお客さまをお迎えしていました。

それは、来店されるお客さまを思い、新年を共にお祝いしようと

行っていた事だったと思います

(^-^)

人を介して、商品を必ず購入する時代でしたので
信頼を於ける人からの
アドバイスを受けて購入するのが
お客さまも楽しかったのに、違いありません…


モノにつくのではなく
人につく…です


同じモノを購入するにも

キチンと話しを聞き
【あなたから購入したい!】と言う気持ちで購入して
いただけていたような気がします

(*^_^*)

それが、接客業に、携わる醍醐味で
お客さまとの
心と心のキャッチボールが、そこにはあったわけです

だからこそ
大沼デパートには、御贔屓の
固定客のお客様はたくさんおりました。
(*⌒▽⌒*)

一言も話しをせず

真夜中でも、購入ができ

直ぐ届き、嫌なら平気で返品ができる、パソコンサイトでの

購入は、確かに便利かも知れませんが

だんだん、人は何かを失い初めているのでは無いかと

最近思うようになりました…>_<


さみしいですが
これが現状なのかも知れません…(+。+)アチャー

実際、先日、たくさんの様々なショップが
ひしめき合う
ある、靴さんに入り冬バーゲンにて
靴をどれにしようか?
買うか。
買わないか?

母が欲しいと言うので迷っていました…

お客様は誰もいないにもかかわらず
接客をしない…

こちらから声をかけた事だけに答え
後は全く放置…


お会計のために、カウンターに持参した靴は…
その支払いは、今流行りの
購入者が自ら行う
お金を投入口に入れ込むだけの
自動精算で良いのでは無いかと、言う始末…

(+。+)アチャー



【接客業】とは…そんなモノなのですかねぇ

そんな世の中です…

人の心は、何にも共感することなく

ストレスばかりが
蓄積し

マイナスの方向に向かいがちになります


ストレスを感じたら是非

眠れる森にて
自分ケアを行ってみてください


自分を労ることから始めれば
心に、余裕ができ
ある程度の事は許せる余裕が、出てきます(^-^)


眠れる森にて
あなたの御来店を心からお待ちしております

全てが五感ヒーリングトリートメントです


緑の森に居るような気分で
心がホッとする
安らぎ時間を感じて下さい。



山形市南2-1-8

心と身体のリラクゼーション
眠れる森

023-646-8633
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る