ヤマガタンver9 > 健康委員会の発表

Powered by samidare

▼健康委員会の発表

健康委員会の発表/

12月10日(火)

 全校朝会で、健康委員会の発表がありました。かぜやインフルエンザが流行する時期。

その予防として、手洗い・うがいの他に生活リズムが大切なことを寸劇やクイズで発表しました。

◆寸劇のあらすじ

 とある少年が、ゲームばかりしていたので、朝におきられない体になってしまいました。体や頭のだるさが取れず、どんどん元気がなくなってしまいました。いったい、どうすればよかったのでしょうか・・・?

◆クイズをしながら、みんなで考えてみましょう!

<第1問> テレビやゲーム機、パソコンやスマートフォンから出ているブルーライトは、太陽の光からも出ているでしょうか?

 答えは「出ている」です。

 太陽の光にも含まれているので、朝浴びると脳や体を刺激してすっきり目が覚めます。逆に、夜にブルーライトが目に入ると「今は昼なんだ」と体が勘違いして、眠りのホルモンがストップして眠れなくなるそうです。ぐっすり眠るためには、夜にブルーライトを浴びないことが大事です。

 

<第2問> メラトニンとは何でしょうか?

〔欧蠅離曠襯皀鵝´¬楹个瓩離曠襯皀鵝´人工のブルーライト

 答えは,痢嵬欧蠅離曠襯皀鵝廚任后

 寝る直前までブルーライトを浴びると、メラトニンが出にくくなってしまいます。その結果、寝ようとしても眠れなかったり、寝ても疲れが取れなかったりします。次の日も、目覚めが悪かったり、あくびの連発で勉強に集中できなかったりします。

 

<第3問> 夜、ぐっすり眠るためには、お風呂のお湯の温度は何度にすればよいでしょうか?

。苅押遏´■械検遏´40℃

 答えはの「40℃」です。

 40℃くらいのお湯にゆっくりつかると、体が温まって副交感神経という神経が刺激されて活発になり、首や体の疲れが取れてリラックスできます。ぬるめのお湯につかるとぐっすり眠れるそうです!

 かぜやインフルエンザ予防には、生活リズムのうち「早く寝る・ぐっすり眠る」ことが大事です。「ぐっすり眠る」には、メディア時間は2時間まで(ゲームは30分まで)という約束やおうちの人との約束を守り、早寝を心がけましょう!

 

 


2019/12/12 17:22 (C) 致芳小ブログ
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る