ヤマガタンver9 > 1年生もプログラミング体験!

Powered by samidare

▼1年生もプログラミング体験!

1年生もプログラミング体験!/

12月6日(金)

 1年生が、「ビスケット」というプログラミングソフトを使って、簡単なアニメーションづくりに挑戦しました。めあては、「めがねをつかって、げんきになるほうほうを かんがえよう。」

◆担任とめあての確認をしたあと、プログラミング学習支援の方に、「ビスケット」の使い方を教えていただきました。

「元気な人と元気のない人を二人描きます。丸の中に好きな色で描いてください!」

◆「描き終わったら、元気な人を四角い部屋に3人入れましょう。そして、めがねを取り出して、左側のめがねに元気な人を入れます。」

 「右側にも、元気な人を少し上にずらして入れます。すると・・・・、なんと!元気な人がどんどん上に動いていきます!」

◆「同じように、元気のない人もめがねを使って、動かしてみよう。」

・・・・・・・・・(みんな真剣にめがねを使って挑戦しています。)

◆「いよいよ、元気のない人をめがねを使って元気にしてみましょう!どうすればいいかな?」「ちょっと実際にやってみますよ。ヒントですよ。」

(元気のない支援員の先生に、1年生がタッチ! タッチされた先生が、あっという間に元気に!)

「めがねの左側に、元気な人と元気のない人をタッチしているようにいれます。右側には、何を入れるといいかな?」「右側のめがねに、元気な人と元気な人をタッチしているように入れます!」

「わー!すごい!」「元気のない人が元気な人にタッチされて、元気な人に変わった!」

「みんなもめがねを使って、元気のない人を元気な人にしてあげてください。」

(みんな、めがねを使って、夢中になって挑戦しています。)

「できた!」「元気な人になった!」

・・・・・・・・・・・・・・

「今日の勉強のまとめです。今日分かったことを、担任の先生とまとめよう!」

 プログラミングソフト「ビスケット」を使って、自分の描いたものを動かしたり変身させたりする楽しさを十分に味わった1年生でした。

 

 


2019/12/06 16:35 (C) 致芳小ブログ
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る