ヤマガタンver9 > ヤマガタンコンテンツ

Powered by samidare

▼ヤマガタンコンテンツ

▼マーク

長柄の実

長柄の実は珍しく、葉に覆われる実はぶどうにように短柄に沢山着くのです。

長柄の実:2019.10.13
▼マーク

葉が重なり合いの変化

10月頃までは重なりの中で交配し実を結び成長します。重なりの葉は役目をおわしたかの様に黄色く枯れ始めます。その色々見て下さい。

葉が重なり合いの変化:2019.10.13
▼マーク

葉が重なり合って

ミヤマニガウリというウリ科の植物は8月中旬花(両性花)芽を付けます。その時習性のように数枚の葉でそれらを覆うのです。10/9 現在..

葉が重なり合って:2019.10.13
▼マーク

青いけ 3

「池」と言う標識にはなっているが仕組み的には白神山系ブナの森による湧き水、浸透によるミネラルたっぷりの自然水です。世界の人の関心を..

青いけ 3:2019.10.06
▼マーク

青池 2

二十数年前と異なり、周りは階段状に板張りで、観察し易いように作られていました。。

青池 2:2019.10.06
▼マーク

白神の「青池」

水深9mエメラルドグリーン。自然の魅力は中国、韓国、高知県の諸団体が大型バスで。さすが世界遺産の価値をアピールするに十分です。

白神の「青池」:2019.10.06
▼マーク

白神山地のブナ

90才で白神の自然林に触れる。まさに至福のときです。

白神山地のブナ:2019.10.05
▼マーク

白神山地に思う

30年前自然博物園に関わって以来の訪れです。日本でもアウトドアーの初期のころです。環境省でも力を入れ。「ガイドのライセンスをどう..

白神山地に思う:2019.10.05
▼マーク

千畳ヶ原 2

日本海沿いの懐かしい国道101号線です。台風の余波で波も高くなっていました。時折懐かしい五能線が走っていました。

千畳ヶ原 2:2019.10.05
▼マーク

白神山地「青池」散策めざして

2日目、約2時間とっての散策、日本海南下(101号線)です。これも久し振りの事です。千畳ヶ原や五能線の全景はバスならではの光景で..

白神山地「青池」散策めざして:2019.10.05
▼マーク

鯵ヶ沢

良く聞く地名ですが白神山地の葯27%が鯵ヶ沢に広がっている。温泉地でもある。北前船の停泊地でもあったそうです。日本海沿いの静かな町..

鯵ヶ沢:2019.10.05
▼マーク

太宰の生き方と背景の中で

「裕福であるが故に」生き方も「家」の存在とかかわり合ってきます。家屋建築豪農を今に見る感じです。 視界閉ざされて厳冬の原野で奏で..

太宰の生き方と背景の中で:2019.10.05
▼マーク

斜陽館

青春時代に少なからず「刺激」を受けた私。「太宰治」論も多様であって良い。再度の訪れも一味違って思い出深い。

斜陽館:2019.10.05
▼マーク

実演は素晴しい

金木は津軽三味線発祥の地です。季節風の中で、津軽の厳しさは「津軽三地味線」にあると思います。心底身震いがして自然の厳しさ、愛らしさ..

実演は素晴しい:2019.10.05
▼マーク

奥羽の旅

ドライブの感はいなめないが車窓からの風景も心和む。曇よりと岩木山モノクロに。登山の経験が内容を暖めてくれる。

奥羽の旅:2019.10.05
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る