ヤマガタンver9 > ヤマガタンコンテンツ

Powered by samidare

▼ヤマガタンコンテンツ

▼マーク

山林と植生

かなりクリンソウが減少してきています。つまり採光の変化のことです。木が繁茂して光が採れなくなるのが樹林帯での植物生態系です。自然..

山林と植生:2019.07.05
▼マーク

ミヤマニガウリの葉腋から

これから葉腋を注意して観察したいと思います。(雌雄花の有無を見極めるため)

ミヤマニガウリの葉腋から:2019.07.05
▼マーク

サワグルミの実生

素晴しい群生を観察(observationしました。

サワグルミの実生:2019.07.05
▼マーク

絡み合って

縦横に絡み付いて成長しています。2mぐらいのも観察できました。周りの草刈り取りました。

絡み合って:2019.07.05
▼マーク

みやまにがうりのせ医長

7/4 親水園沿いのミヤマニガウrの周りが藪に覆われました。その中で巻きヅル威力を借りて1.5mになりました。

みやまにがうりのせ医長:2019.07.05
▼マーク

ゴーヤの両性花の交配のきっかけを

気が付いたときは交配して子房が出来ていますのでそのへんの観察のきっかけを。

ゴーヤの両性花の交配のきっかけを:2019.06.29
▼マーク

ゴーヤからミヤマニガウリの両性花と雄花を

栽培のゴーヤですが芽摘み失敗すると雄花が多くなり,実が付きにくくなりますが、ゴーヤの両性花を詳しく観察すると交配の様子を探るのに役..

ゴーヤからミヤマニガウリの両性花と雄花を:2019.06.29
▼マーク

巻ヒゲ 2

一塊の実生(5〜6株)なので、それなりに巻ヒゲも多い。

巻ヒゲ 2:2019.06.24
▼マーク

巻ヒゲ 1

ミヤマニガウリは6/22現在30cmに成長している。葉腋からでる「巻ヒゲ」の威力である。先端は二股になっていて、手当たり次第つかま..

巻ヒゲ 1:2019.06.24
▼マーク

オトシブミ観察

サワグルミの葉でオトシブミを作っているオトシブミ。葉を筒にする為の最初の準備として、主葉脈に同間隔に切り口をつくり、丸め易くする..

オトシブミ観察:2019.06.21
▼マーク

ブナの森で

ブナの実生観察しながら地蔵沼へ。

ブナの森で:2019.06.21
(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る