ヤマガタンver9 > 山形県スポーツツーリズムシンポジウム開催(9/6)入場無料

Powered by samidare

▼山形県スポーツツーリズムシンポジウム開催(9/6)入場無料

山形県スポーツツーリズム戦略的誘客促進事業協力企画シンポジウム「地域をつなぐサイクル・ツーリズムの可能性」〜インバウンドも見据えて〜

 

 

 

 

 

山形県の豊かな観光資源や奥深い精神文化、そして、温かいおもてなしをなお一層国内外に発信し、
良質なインバウンド誘客を確保していくため「スポーツツーリズム」という新たなジャンルにおいて、
新規ターゲット層を開拓し戦略的にアピールしていきたいと考えております。

この度、山形県スポーツツーリズム戦略的誘客促進事業がスタートするにあたり、
具体的な例としてサイクリングによる県内の景観、食、文化、モノづくりの体験などの魅力や
今後の発展可能性について探求するべくこのシンポジウムを開催いたします。
開催日時と開催場所
開催日時 : 平成30年9月6日(木) 10:00〜12:00 (開場9:30〜)
開催場所 : 山形市保健センター大会議室 (霞城セントラル3階)
入場料金 : 入場無料

 

シンポジウム・プログラム
1.主催者あいさつ
  平井 康博 (公益社団法人 山形県観光物産協会 会長)
2.来賓祝辞
3.基調講演(第1部)
  「地域をつなぐサイクル・ツーリズムの可能性」 〜インバウンドも見据えて〜
  講師:井上 寿 氏 (株式会社ライダス 代表取締役)
           (株式会社ストラーダ 代表取締役)
           (JCA公認 サイクリングガイド)
4.パネルディスカッション(第2部)
  ファシリテーター:古田 菜穂子 氏 (山形県国際戦略検証委員会 委員長)
  パネラー    :井上 寿 氏 (株式会社 ライダス 代表取締役)
  パネラー    :青木 哲志 氏 (ジャパンエコトラック推進協議会 推進委員)
           (山形市商工観光労働部 観光戦略課 課長)
  パネラー    :小野 真哉 (公益社団法人 山形県観光物産協会 専務理事)
お申し込み・お問い合わせ
〈申込締切日〉
 9月4日(火)必着
 Eメール又は下記参加申込書に記入の上、FAXにてお申し込み下さい。

参加申込書ダウンロード(PDF)
 Eメール:sports@yamagatakanko.com
 FAX :023-646-6333
〈お問い合わせ〉
 (公社)山形県観光物産協会 事務局  TEL:023-647-2333
プロフィール
井上 寿(いのうえ ひさし)氏
株式会社ライダス 代表取締役
株式会社ストラーダ 代表取締役
JCA公認 サイクリングガイド

幼少の頃より父親の仕事の関係で自転車の組み立てを行う。高校生の頃よりツーリングに目覚め全国を走る。大学生からトライアスロンに目覚め競技を始める。
電機メーカーで12年勤務したあと2001年、念願のスポーツバイクショップを開店。ロードバイク、マウンテンバイク、トラック競技が好きで、滋賀県の国体チームのメカニックを6年歴任。2007年に「株式会社ストラーダ」設立。2008年からは、JALパックのハワイツアーのメカニックを担当。現在、滋賀県と草津市と彦根市にスポーツバイシクル専門ストア「ストラーダバイシクルズ」を2店舗経営。それを機に若い頃熱中していたトライアスロンに再チャレンジ。2015年に29年ぶりにアイアンマンレースを完走。以来、遅いながらもトライアスロンを楽しんでいる。
また写真が好きで、自転車と写真を組み合わせた「フォト・ライド」を開催。仕事を忘れてお客様と一緒に遊んでいる。2017年より、スポーツバイシクルの「コト」を商品としたイベント会社「株式会社ライダス」を設立。
古田 菜穂子(ふるた なほこ)氏
山形県国際戦略検証委員会 委員長

岐阜市出身。新聞記者、映画プロデューサー等を経て2009年4月より岐阜県観光交流推進局長として、地域資源の観光資源化としての「岐阜の宝ものプロジェクト」をシステム化し、観光・食・モノのパッケージブランド戦略と戦略的な海外プロモーションなどにより、岐阜県での主要国からのインバウンド宿泊数をすべて10位内にランクインさせるなどの成果につなぐ。
現在、民間人として、岐阜県国際観光戦略アドバイザー、山形県ASEAN戦略アドバイザー、山形県国際戦略検証委員会委員長、兵庫県立大学大学院特任教授などをつとめる。著書多数。
青木 哲志(あおき さとし)氏
ジャパンエコトラック推進協議会 推進委員
山形市商工観光部 観光戦略課 課長

平成30年4月山形市商工観光部観光戦略課長に就任、平成21年度より広域連携や観光圏整備事業を担当し今年で10年目。モンベルと連携し、アクティビティーの受け入れ態勢のネットワーク化を推進する。平成27年度日本版DMO事業に取り組み「山形版DMO」構築を目指し、平成29年3月にDMC、「おもてなし山形(株)」設立に係る。
現在、山形の観光資源の掘り起こしとして、地域のアウトドアフィールドを活用したアクティビティーの受入れ態勢の整備を行ない、旅行商品化と販路拡大を目指している。
小野 真哉(おの しんや)
公益社団法人 山形県観光物産協会 専務理事

 


2018/08/30 07:47 (C) 山形県観光物産協会

▼100advertising

Hanagasa君
山形日和。ぱすぽーと 2018

山形日和。ぱすぽーと 2018

きてけろスタンプラリーに参加して
山形県の豪華賞品をGETしよう!

yamagatabiyori-passport.com

組子家具パートナー募集

和モダン家具3点まで提供
プライベートブランドも可!

kumiko-furniture.jp

やまがたの日帰り温泉特集

山形県へ観光ついでに日帰り温泉
各地の温泉施設を紹介しています♪

yamagatakanko.com
100円広告

▼ranking

(C) Stepup Communications Co.,LTD. All Rights Reserved Powered by samidare. System:enterpriz [network media]
ページTOPへ戻る